デザインの考え方

「ラーメン設計士」ロゴデザイン解説

 

こんにちは。なつきち(@mekatann_d_a)です。

今回は空想シアター作品「ラーメン設計士」の

ロゴデザインを解説していきます!

 

空想シアターとは?

空想シアターは、単語をランダムに組み合わせて作る

映画タイトルを ロゴ作品として投稿しているSNS企画です。

あなたは空想上のタイトルから、どんな物語を思い浮かべますか?

 

ロゴのイメージ

「ラーメン設計士」もしそんな職業があったら面白いですよね。

もしかしたら商品開発部とかになるんですかね?笑

でもラーメン設計士の方が興味持ってもらえそうな業種に思えますよね。

今回は「実際にあったらこんな感じ?」という風にイメージしながら作ります。

デザインのポイント

ラーメン屋の看板にでかでかと書かれている「ラーメン」の文字。

だいたい太めのゴシック体が多いイメージです。

設計士という単語のかっちり感も合わせてゴシック体で表現しました。

設計=定規のイメージで

ラーメンはなるとが入っているイメージから

それぞれあしらいに使用しました。

色味はかっちり感のある黒色をベースに、

なるとの渦の色である赤色をアクセントに使いメリハリを付けました。

まとめ

以上、参考になれば幸いです!

お仕事募集中!

ロゴデザインに関するお仕事を募集しています!

気になった方や興味のある方は、お見積もりのご連絡も

お待ちしておりますので気軽にご連絡ください。

お問い合わせはなつきちのTwitterをフォローしていただき

DMから連絡いただくか、

下記メールアドレスからよろしくお願いいたします!

Twitter▼

 

メールアドレス▼

tomarigimekatann@gmail.com