デザインの考え方

「涙のスーツ」ロゴデザイン解説

 

こんにちは。なつきち(@mekatann_d_a)です。

今回は空想シアター作品「涙のスーツ」の

ロゴデザインを解説していきます!

 

空想シアターとは?

空想シアターは、単語をランダムに組み合わせて作る

映画タイトルを ロゴ作品として投稿しているSNS企画です。

あなたは空想上のタイトルから、どんな物語を思い浮かべますか?

 

ロゴのイメージ

人それぞれ思い浮かぶ場面は違いますが、

私は今回のタイトルを見て

スーツを着た新社会人が会社で上手くいかず涙する場面が浮かびました。

最後は主人公が成長する感動系のストーリーをイメージして作りました。

 

デザインのポイント

感動系の映画ということで、使うフォントは細くて綺麗めなものを選び

繊細な世界観を演出しました。

涙の文字の後ろに溢れた涙のあしらいを配置しました。

文字は白抜きにすることで透明感が出ます。

色味を合わせたスーツのアイコンを配置し全体のバランスを整えます。

涙から連想した淡い水色をベースに、黒(濃いグレー)を締め色に使用。

ぼやっとしすぎないように、メリハリをつけています。

まとめ

以上、参考になれば幸いです!

お仕事募集中!

ロゴデザインに関するお仕事を募集しています!

気になった方や興味のある方は、お見積もりのご連絡も

お待ちしておりますので気軽にご連絡ください。

お問い合わせはなつきちのTwitterをフォローしていただき

DMから連絡いただくか、

下記メールアドレスからよろしくお願いいたします!

Twitter▼

 

メールアドレス▼

tomarigimekatann@gmail.com