デザインの考え方

「ハチミツのワルツ」

 

こんにちは。なつきち(@mekatann_d_a)です。

今回は空想シアター作品「ハチミツのワルツ」の

ロゴデザインを解説していきます!

 

空想シアターとは?

空想シアターは、単語をランダムに組み合わせて作る

映画タイトルを ロゴ作品として投稿しているSNS企画です。

あなたは空想上のタイトルから、どんな物語を思い浮かべますか?

 

ロゴのイメージ

タイトルを見て、とても語呂が良く綺麗な響きだと感じました。

同時に、なんとなく繊細で美しいイメージも連想しました。

今回はそんなイメージをロゴに落とし込みます。

デザインのポイント

ロマンチックで繊細、こういうイメージには細めの明朝が合いそうです。

ゴシック体はゴツゴツと四角いイメージがあるので、

今回はしなやかで曲線の多い明朝体を使用しました。

タイトルの通り、蜂から連想したものをあしらいに使用しています。

「ワルツ(舞曲)」感を出すのが少し難しく思えたので、あしらいではなく

文字の大きさに違いを出すことで単調さをなくし「リズム」を意識しました。

黄色一色でも、明るさをバラバラにすることで変化がつきます。

同じ色相なので全体で見た時にまとまりのある配色になりますよ。

まとめ

以上、参考になれば幸いです!

お仕事募集中!

ロゴデザインに関するお仕事を募集しています!

気になった方や興味のある方は、お見積もりのご連絡も

お待ちしておりますので気軽にご連絡ください。

お問い合わせはなつきちのTwitterをフォローしていただき

DMから連絡いただくか、

下記メールアドレスからよろしくお願いいたします!

Twitter▼

 

メールアドレス▼

tomarigimekatann@gmail.com